TOPへ
BOTTOMへ
前のページへ戻る

CC0074  10 チェコ 2010年代 チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

TON17-2_0722
チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

サイズ 幅 310mm  奥行 395mm  高さ 640mm  座面高 340mm  座面奥行 290mm  
※ 詳しいサイズは、こちら

アンティーク家具・照明の専門店「デニム アンティーク ファニチャー」へようこそ!当店ではチェアやテーブル、キャビネットなどのイギリス(英国)アンティーク家具やランプ、シャンデリアなどのフランスアンティーク照明を低価格と安心品質で全国へお届けしております。

Outline/商品の概要(仕入担当者からのコメント)

「世界の名作椅子」として家具史に輝かしい軌跡を残したベントウッドチェア(曲げ木椅子)、
トーネットTHONET社の ”No.14”。
こちらはそのNo.14チェアのチャイルドチェアバージョン、プチPetit No14チェアになります。

“トーネット”、”ベントウッド”、また”No14”に関する解説は、
「DC1174 ベントウッドチェア No14 ミヒャエル・トーネットMichael Thonet / クラシック 」の商品ページで
詳しく触れておりますので、ぜひそちらをご覧になってくださいね。

こちらのNo.14 チャイルドチェアバージョン”Petit No.14”は、
旧トーネット社のチェコ・ビストリツッエ工場に由来する、新トーネットファミリー企業、
チェコ・TON社により製作されています。

”Petit No.14”は、旧トーネット社では1873年、すでに”プチ・テーブル”とともにカタログ掲載モデルとなっていました。
つまり、この時代には定番商品化していたということです。

曲げ木技術の始祖、ミヒャエル・トーネットMichael Thonetの没したのは1871年ですが、
1873年は、まだNo14がファーストモデルだった時代ですので、
Petit No.14の開発にも当然ミヒャエルはかかわっていたことでしょう。

小さくてもまぎれもなく、初期の”クラシック・トーネット”になります。

Petit No.14はサイズが小さいだけで、つくりは大人用No.14と同様、という信頼性で、
発売以来、旧トーネット社のキンダーモデル(子供用家具)として、中核商品であり続けてきました。

軽くて丈夫、そして、子供が成長して大人になっても、変わらずに生活を共にできるインテリア性も
ロングセラーの要素だったのでしょう。

そして21世紀の現代、時代は旧トーネットから新トーネットファミリーへ。
時代は変わっても、Petit No.14は変わらずに作られ続けています。
しかもそのかわいらしいプロポーションはほとんど変わらずに。

ぜひ一家に一台、次代へと送り継いでいっていただけるPetit No.14を置いていただけることが、
デニムの切なる願いです・・。

(Buyer/YM)

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

Condition/商品の状態(修理担当職人からのコメント)

こちらは新品未使用品になります。
製造はチェコの民間企業TON社にて行われております。
デニムがTON社より直輸入してご案内いたします。

TON社のあるチェコは、ポーランドとともにベントウッドの原材料となる、良質なヨーロピアンビーチ(ぶな)の産地。
旧トーネット社でもウィーン工場の次に、主力工場を1856年、チェコのコリッチャヌイに建設しています。

さらに1860年、旧トーネット社は同じくチェコのビストリッツェに第三の工場を建設しています。
この旧トーネット社のチェコ・ビストリッツェ工場を、1953年、TON社が受け継ぎ、
旧トーネット社の伝統技術を今に伝えているのです。

ちなみに”TON”とは「曲げ木家具製造工場」のチェコ語の頭文字ということです。

そのTON社と取引させていただくにあたり、デニムでは輸送に関しては当時と同じようにノックダウン(組立)方式で、
すなわち、パーツごとに分解してパッキングしていただけるよう依頼をいたしました。

19世紀に開発された輸送方法ですが、現代においても、とても効率的な輸送手段と思います。



ただ、現代の組み立て家具と違って、家具職人クラスの経験がないと、
きちんとは組み立てられませんので、あくまでB to Bを前提とした輸送手段ですけど、ね。

さて、以下こちらのPETIT No14についてご紹介します。

1859年の発売以来、150年以上経過した現在でも、変わらぬデザインで生産され続けているNo14ベントウッドチェア。
PETIT No14はそのチャイルドチェアバージョンになります。

No14ベントウッドチェアは、時代や工場によってそのフォルムを微妙に変えてきましたが、
PETIT No14については、初期のころよりそのフォルムをほとんど変えておりません。

 
※旧トーネット直系のNo14たち。左へ行くほど新しいモデルになります

旧トーネット社の最盛期、1904年のカタログ(下記エキストラフォト)をみると、
すでに当時のキンダーモデル(子供家具)のNo14は現代のPETIT No14と同じデザインフォルムとなっています。
補強のリングストレッチャーはまだありませんけどね。

1904年当時、座面サイズは標準が幅32cm、全高は63cmとあります。
一方、現在のPETIT No14は幅31cmの1サイズで全高は64cm、測定誤差程度の違いだけです。

脚のラインは初期の「先細り」カーブから、現在は均等なカーブに変わりましたが、
大人のチェアほど脚が長くないのでほとんどわからない程度です。

ほとんど当時のまま、といっても差し支えないほどの違いしかありません。

しかし塗装については、当時の塗装とは大きく変えています。
つい最近TON社で開発されたばかりのクラシックカラーを選択させていただきました。

このクラシックカラーは、とても高度な技術を要するエイジング塗装の一種で、
ハンドメイドで色をかすれさせながら、複数色塗り重ねていく、という塗装法です。

しかも、アンティークのシャビー感を感じさせるために、朽ちたアンティークの「虫食い穴」まで再現。
どうすればこんなにきれいな穴があけられるんだろう、というくらい、見る人が見ればわかる、
ハイテクノロジーなエイジング技術です。

お写真を良くご覧になっていただくと、プツプツしているのがお分かりいただけるかと思います。
でも、本物の「虫食い穴」ではなく、あくまでダミーですのでご安心を。
「CC0073 PETIT No14/ネイキッド(未塗装)モデル」をご覧いただければ、「虫穴」など存在しないのがお分かりいただけることと思います。

フィニッシュにはマットクリア塗装をしていますので、さらっと触り心地が良く、
また、現代のウレタン塗装になりますので、塗装面の耐久性が高く、アンティークの最大の弱点、
水分でニスが白化してしまう欠点もありません。

一般のご家庭ではもちろん、レストランなどの業務用としても存分にお役立ていただけるかと思います。

ただし、現代のエイジング塗装とはいえ、木目を生かした半透明ステイン塗装ですので、
無垢の家具らしさは残されておりますし、本物のアンティークと並べても不自然さはありません。

以上、アンティークを知り尽くしたデニムだけに、徹底的に仕様にはこだわらせていただきました。

アンティークではなかなか手に入らないチャイルドベントウッドチェアPETIT No14を、まっさらな新品の状態で。
ぜひ将来、本物のアンティークに育てていただければ幸いです。

※こちらはメーカー正規輸入品につき、3年間の品質保証(通常使用で不具合が生じた場合、無償修理あるいは同等品と交換)が付帯しております。
※ただし、当ベントウッドチェアは昔ながらの製造工程で製作されるため手作業も多く、現代の生産設備に比べれば手作りに近い商品になります。
 そのため商品価値に影響しない程度の小傷、色むら等は不良品ではございませんので、
 あらかじめご了承いただきたくお願い申し上げます。


(Restorer/YM)

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

Impression/当店の評価(お客様担当からのコメント)

旧トーネット社はチャイルドチェアをはじめ、今ではまず目にすることはありませんが、
ゆりかご、チャイルドロッキングチェア、人形家具、学習机と、子供向けの家具を常に世に提案し続けていました。

時代は変われども、親から子への「愛情」というものは今も昔も変わっていないと思いますが、
人々の生活スタイルは、このチャイルドチェアが発売された1870年代とは大きく変わったことと思います。

1870年ごろといえば、日本でいえば「明治維新」直後。
それをイメージしていただければ、どれだけ私たちの居住空間が変わったか、よくわかりますよね。

しかし、そんな大きく変わった150年の歳月の中でも、全くその姿を変えずに生き続けているデザイン、って、
良く考えるとすごいことですね。

大人用のNo.14は時代とともに少しずつ変化していますが、
子供用のPetit No.14はほとんどその姿を変えておりません。

細かく見れば、リングストレッチャー(脚をつなぐ補強リング)がついたりもしていますが、
背のループラインなどは本当に昔のまま。

きっとこの先も、子供の子供の、そのまた子供に同じデザインが受け継がれていくのでしょう。

デザインだけでなく、Petit No.14には大きなセールスポイントが一つ。
それは実用強度が非常に高く、年代もののPetit No.14でも、かなりの実用強度を備えていること。

かなり古い時代のリングストレッチャーのないモデルでは、強度が失われている場合もありますが、
このリングストレッチャーモデルは、この小さいサイズで、大人用と同じジョイント構成ですから、
数十年程度経過したくらいでは、大人でも使える実用強度は全く劣化を見せません。

しかもアンティークのPetit No.14を見ればお分かりのとおり、手厚く育てられたPetit No.14は、
大人用のNo.14を上回る高値を付けていることが珍しくありません。

だらだらととりとめのない話をしていますが、要するに、こちらのPetit No.14は、
・時代が変わっても見劣りしないデザイン性
・使っても使っても目減りしない実用強度
・愛情をもって育てていけば「資産価値」となって帰ってくるプレミアム性
と、大人用のNo.14以上に価値あるチェア、ということができると思います。

こんなチャイルドチェアって、他にありますか?

もはや「子供用の椅子」などという実用家具の部類ではなく、
質実ともに「名作椅子」と呼ぶにふさわしいお品と評価しております。

お子様のためでも、ご自身のためでも、ペットのためでも、また贈り物としても、店舗用のインテリアとしても、
どんな場合にも、きっとご期待を外されることはないと思います。

デニム一押しのベントウッドアイテムです。
ぜひこの機会に。

★EXTRA PHOTO

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

見慣れたアンティークのベントウッドチェアと同じカタチ。
でも新品ですのでとてもきれいです。

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック



↓1873年発行 旧トーネット社のポスターカタログ。
最下段中央にPetit N014の最初期モデルが載っています。

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック



↓1904年発行 旧トーネット社のカタログ。
Petit No14には当時、2人掛けセティやアームチェアのバリエーションモデルなども存在していました。

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

↑補強リング全容です。
“Petit No.14”の発表時から第二次大戦前まで補強リングはありませんでしたが、
戦後になるとPetit No.14にもリングストレッチャーが標準装備されるようになりました。

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

↑座枠とストレッチャーリングの接合部分です。
アンティークですと“スカーフジョイント”と言って斜めにカットされた面を接合していただけでしたが、
のちに、ギザギザにカットして接着面積を広くし、強度を向上させた“フィンガージョイント”と呼ばれる接合方式が一般的になりました。
しかし! 近年、今でもこの接合技術は研究が進められていて、
何とこちらのチェアはスカーフジョイントとフィンガージョイントを組み合わせた接合法が用いられています。
見かけは変わらなくても、中身は確実に進化しているんですね。↓

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

↑接着剤を使わず木ねじのみで接合されたシンプルな構造です。
(アンティークはマイナスねじです。)↓

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック



左はがチェコ・TON社より白木の状態で直輸入した「CC0073 Petit No14チェア/ネイキッド(未塗装)モデル 」です。

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック



↓以下は、カラー比較の図です。
右がこちらでご紹介の「CC0074 Petit No14チェア/クラシックモデル」、
中が現代新品にデニムが手刷りの天然樹脂製シェラックニス塗料でアンティーク塗装を施した”ムンドスMundus‐ヤコブ&ヨゼフ.コーンJ&J.Kohn”社のNo14
左がチェコ・TON社より白木の状態で直輸入した「CC0073 Petit No14チェア/ネイキッド(未塗装)モデル 」です。
日常使いの耐久性を求めるならウレタン塗装を、使い込んだ経年の風合いをお楽しみになりたいのであればシェラック塗装を、それぞれお選びください。↓

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック



↓色見本①「DC0916 No14チェア(TON社の現代新品)」の例 →デニムによるアンティーク塗装(シェラックニス)

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

 

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

↑(ご参考)1920年代アンティークのNo14チェア(DC0918)とPetit No14チェア(CC0053)

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

↑DC1173 No14チェア/ネイキッド(左)、DC1174 No14チェア/クラシック(右)、

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

↑TB0863 プチテーブル/スクエア/ネイキッド(中)

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

↑TB0862 プチテーブル/ラウンド/クラシック(中)

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

↑デニムでは各種ベントウッドファニチャーをご用意しております。

その他のオススメ商品

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/ネイキッド

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/ネイキッド

品番:CC0073 価格(税込) 9,287 円

お合わせしているチェアはこちらです。

ベントウッドチェア No14 ミヒャエル・トーネットMichael Thonet / クラシック

ベントウッドチェア No14 ミヒャエル・トーネットMichael Thonet / クラシック

品番:DC1174 価格(税込) 16,200 円

お合わせしているチェアはこちらです。

ベントウッド プチPETITテーブル No.14 ラウンドROUND / クラシック

ベントウッド プチPETITテーブル No.14 ラウンドROUND / クラシック

品番:TB0862 価格(税込) 34,560 円

お合わせしているテーブルはこちらです。

ベントウッド プチPetitテーブル No14 スクエアSQUARE / クラシック

ベントウッド プチPetitテーブル No14 スクエアSQUARE / クラシック

品番:TB0864 価格(税込) 34,560 円

お合わせしているテーブルはこちらです。

スペック表

※各項目の文字をクリックするとその項目の説明ページにジャンプします。

商品基本情報
品名 チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック
品番
CC0074
管理番号TON17-2_0722
販売価格(税込) 12,960 円 在庫数 13
サイズ 幅 310mm  奥行 395mm  高さ 640mm  座面高 340mm  座面奥行 290mm  
※ハンドメイドに近い無垢の木工家具ですので、サイズには多少製造誤差のある場合がございます。
※送料は2脚1組です。(2脚まで送料は変わりません。)
※複数脚お求めの場合、システム上、送料は1脚ずつ加算されますが、
2脚単位でお送り出来ますので別途再計算してメールでお知らせいたします。
送料ランク・重量 佐川急便180   送料目安:2,646円~3,078円  佐川急便による配送になります。  
商品分類 クラス
デザイン
ユース  
ランク  
カテゴリ 椅子/Chair  >  チャイルドチェア
無銘の椅子コレクション/Premium Chair Collection  >  現代のベントウッドコレクション
商品プロフィール
原産国 チェコ 年代2010年代
メーカー デザイナー
主要素材
主要素材の材質
主要素材の等級
商品の無垢率
カラー
塗装・仕上げ
その他素材
その他の素材のカラー
メンテナンス状況
コンディション 傷の程度 
目立つ傷 
交換・改造 
実用性 
商品プロフィール
原産国 チェコ 年代2010年代
メーカー デザイナー
主要素材ローズウッド
主要素材の材質無垢材
主要素材の等級1級
商品の無垢率90%以上
カラーミディアム系
塗装・仕上げ
その他素材金属
その他の素材のカラー素材色
メンテナンス状況ノーメンテナンス
コンディション 傷の程度
目立つ傷
交換・改造
実用性
商品評価
デニムの総合評価 
商品評価
デニムの総合評価

ご購入・お問い合わせ・入荷予約

椅子/Chair  >  チャイルドチェア  |  無銘の椅子コレクション/Premium Chair Collection  >  現代のベントウッドコレクション

お電話でのご注文は
046-845-4280
FAXでのご注文は
046-845-4290 FAX送信フォームはこちらからどうぞ
アンティーク家具の相場をまずチェック! 3,000点以上の販売実績から商品価格の目安がわかります。
品番
CC0074
  • 新品
チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック
品名

チャイルドベントウッドチェア プチPETIT No.14/クラシック

販売価格(税込) 12,960 円
通常価格 12,600 円
   
ポイント 123 Pt
個数

「カゴに入れる」をご利用ください。

お問い合わせ

カゴに入れる

アンティーク家具・照明の専門店「デニム アンティーク ファニチャー」へようこそ!当店ではチェアやテーブル、キャビネットなどのイギリス(英国)アンティーク家具やランプ、シャンデリアなどのフランスアンティーク照明を低価格と安心品質で全国へお届けしております。

現在のカゴの中

商品数:0点

合 計:0

カゴの中を見る

このページのTOPへ