TOPへ
BOTTOMへ
前のページへ戻る

SB0347  1 イギリス 1950年代 ソリッドオーク コートカップボード

Lc20-4_1004
ソリッドオーク コートカップボード

サイズ 幅 1220mm  奥行 480mm  高さ 1460mm  
※ 詳しいサイズは、こちら

アンティーク家具・照明の専門店「デニム アンティーク ファニチャー」へようこそ!当店ではチェアやテーブル、キャビネットなどのイギリス(英国)アンティーク家具やランプ、シャンデリアなどのフランスアンティーク照明を低価格と安心品質で全国へお届けしております。

Outline/商品の概要(仕入担当者からのコメント)

今から半世紀ほど前、20世紀半ばのイギリスで製作された、英国伝統スタイルの高級キャビネットです。

素晴らしい風格ですね・・。

それほど大きな躯体ではありませんが、“ゴシック”の伝統様式を色濃く受け継いだ、
重厚感あふれるデザインがそのサイズ以上に大きさを感じさせます。

“ゴシック”とは12世紀、フランスで発達したヨーロッパ一帯の建築様式。
その天を目指すかのような直線的な尖塔デザインには神秘性すら感じられるほどです。

イギリスでは16世紀ごろまで “ゴシック”様式の影響が残り、この時代につくられた家具などのデザイン様式を、
チューダー朝時代の家具様式として、チューダースタイル、あるいはエリザベサンスタイルと呼んでいます。

そして、ヴィクトリアンの時代以降、古いチューダー朝時代の家具様式の復刻が盛んに行なわれるようになり、
それらのアンティーク家具を総じて、”ゴシック・リバイバル”の家具と呼んでいます。

こちらはまさにその、20世紀半ばに作られたゴシックリバイバルのカップボード(食器棚)。
16世紀のチューダースタイルを模した家具になります。

目を引く前面パネルのゴシック風レリーフは素晴らしい出来です。
必要以上に豪華すぎることはありませんが、ほぼ16世紀当時のインテリアそのままに作られています。

そして、そして・・現代の家具ではありえないような、良質なオーク材・・。

ダークな木肌を引き締める、黒光りのパテナ(古艶)は、何とも言えない心に染み入る味わい深さで、
オーク独特の「虎斑杢(とらふもく。虎柄の杢目です)」は、あたかも暗闇に飛び回るホタルのようにさえ見えます。

素晴らしき逸材・・。

繊維の詰まった良質なオーク材が、長い間、多くの人々の手によって磨きに磨きあげられ、
このように人工的には絶対に不可能な色艶を発散させているのです。

これぞ唯一無二、本物のアンティーク。
デニムがお勧めできない理由はどこにもありません・・。

(Buyer/YM)

ソリッドオーク コートカップボード

Condition/商品の状態(修理担当職人からのコメント)

50年以上は経過しているお品ですが、
まだまだ日常的にお使いいただけるエクセレントな状態です。

素材は素晴らしいオーク材で、総無垢の高級仕様です。
工法は、昔ながらのほぞ組工法によるハンドメイド製。

入荷時より素晴らしい虎斑杢、パテナ(古艶)、で彩られていました。

時代感を感じさせる小キズやダメージもアンティークファンの方なら絶対に気にならないレベルのもの、
というよりもむしろ、アンティークとしてはきれいすぎるのではないかと思われるレベルです。

20世紀の復刻家具とはいえ、すでにジェニンアンティーク(真の骨董)級の風合いであり、
19世紀以前の家具と何ら変わらない逸品です。
実用家具であり、かつコレクティングファニチャー(収集目的の家具)です。

さて、構造的には半世紀以上を経過した総無垢の家具とは思えないほど、
脚、本体ともに歪みや変形は無くしっかりとしていました。

特に基本フレームはこれだけの重量級ボディを支えていながら、50年もの間、
全く歪みや反りもおこさず、当時の姿を今尚維持しております。
素晴らしい剛性です。
素材がよほど良いのと製作の精度が非常に高かったのだと思います。

念のため程度には各部締め直しは行っておりますが、基本的には入荷時よりまったく問題のない状態でした。



50年以上前の骨董家具ですが、デニムでしっかりと各接合部の点検を行っていますので、
安心してお使いいただける状態であることを確認しております。

内部はさすがにやや使用感のある状態でした。
年代なりに汚れていましたので、ひっくり返して脚の裏から徹底的に洗浄をいたしました。
この点でも、ご利用にあたってはご安心いただけるかと思います。



扉や引き出しの動きもしっかりと確認いたしました。
微調整程度でとても良い状態となっています。

引出しの底板の緩みなどもしっかりと固定しています。



ヒンジなどの金具類は全て入荷時のオリジナル品です。
こちらもオイルでメンテナンスして稼働状態は確認済みです。

外観の状態としては、彫刻などにも気になるようなダメージはありません。
全体的にすり傷程度は見られますが、ほとんど気になると思われる傷
はありません。
塗装のメンテナンスは現状を維持したまま、時代感を感じさせるように行うべきものと思われました。

多少の退色をリフレッシュするべく、全面、ダークオークのオイルステインで、染色をいたしました。
小キズなどを消し、全体の風合いや艶は天然樹脂製のシェラックニスをうすく塗布することで
きれい目にしつつ、古さを感じるように行いました。

塗装は、取っ手などの細かい部品まで、一つ一つ外したうえできっちりと塗りあげています。



アンティークファンの方ならきっとご満足いただける仕上げと思います。

仕上げは塗装の完全乾燥を待って、英国直輸入の天然蜜蝋ワックスで磨きあげてお届けいたします。

率直に言って、素晴らしい色艶&杢の最高級アンティークカップボードと思います。
担当職人から自信を持ってお奨めさせていただきます。

(Restorer/YM)

ソリッドオーク コートカップボード

Impression/当店の評価(お客様担当からのコメント)

アンティークならではといった、風格あふれるカップボードが入荷いたしました!

ダークオークのアンティークブラウンはその色艶も素晴らしく、
特にオーク独特の虎斑杢(とらふもく。トラ柄の杢目です)が全面にわたり、彩りを添えています。

風合いには、本当に感激してしまいました。
傷などは時代を感じる程度に存在しますが、全く気にならないことと思います。
ソリッドオークの持つ魅力を最大限に引き出した、超一級の高級家具だとご紹介いたします。

インテリアとしてアンティークらしい存在感も充分で、きっとリビングを高貴な空間に演出していただけると思います。

ぜひ一生涯のパートナーとして、お近くに置いていただきたいオークキャビネットです。

厳選された素材、デザインのバランス、仕上げの伝統技術等、全てがパーフェクトなコレクタブルズ・アンティークです。
3拍子そろった素晴らしいお品だと評価しております。

100年を迎えた“ジェニン・アンティーク”(真のアンティーク)ですが、
まだまだこれからも充分永くお付き合いいただけるクオリティとなっております。

きっと将来、ご満足いただける評価を受けることになるはずです。

高価なお品ですが、それでも商品性を考えれば相当のお値打ち品と思っております。
ぜひこの機会にご検討ください!

(Sales/TJ)

★EXTRA PHOTO

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

↑白紙はA4サイズです。

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

ソリッドオーク コートカップボード

 

その他のオススメ商品

トップクオリティ バルボスオークダイニングチェア

トップクオリティ バルボスオークダイニングチェア

品番:DC1033 価格(税込) 37,800 円

お合わせしているチェアはこちらです。

スペック表

※各項目の文字をクリックするとその項目の説明ページにジャンプします。

商品基本情報
品名 ソリッドオーク コートカップボード
品番
SB0347
管理番号Lc20-4_1004
販売価格(税込) 159,840 円 在庫数 0
サイズ 幅 1220mm  奥行 480mm  高さ 1460mm  
※上の棚の内寸は、幅945mm×奥行240mm×高さ一段目210mm・二段目200mmです。
※左右引出の内寸は、幅430mm×奥行350mm×高さ115mmです。
※左棚の内寸は、幅565mm×奥行390mm×高さ一段目245mm・二段目315mmです。
※右棚の内寸は、幅565mm×奥行390mm×高さ510mmです。
送料ランク・重量 Eランク   送料目安:16,254円~29,538円 (沖縄 44,334円)  らくらく家財宅急便による配送になります。  
商品分類 クラス
デザイン
ユース
ランク
カテゴリ 家具/Furniture  >  サイドボード/カップボード/ドレッサー
商品プロフィール
原産国 イギリス 年代1950年代
メーカー デザイナー
主要素材
主要素材の材質
主要素材の等級
商品の無垢率
カラー
塗装・仕上げステイン&ワックス仕上げ
その他素材
その他の素材のカラー
メンテナンス状況
コンディション 傷の程度
目立つ傷
交換・改造
実用性
商品プロフィール
原産国 イギリス 年代1950年代
メーカー デザイナー
主要素材マホガニー
主要素材の材質無垢材
主要素材の等級1級
商品の無垢率90%以上
カラーダーク系
塗装・仕上げ
その他素材金属
その他の素材のカラー素材色
メンテナンス状況フルメンテナンス
コンディション 傷の程度少ない
目立つ傷少ない
交換・改造少ない
実用性あり
商品評価
デニムの総合評価
商品評価
デニムの総合評価

ご購入・お問い合わせ・入荷予約

家具/Furniture  >  サイドボード/カップボード/ドレッサー

お電話でのご注文は
046-845-4280
FAXでのご注文は
046-845-4290 FAX送信フォームはこちらからどうぞ
アンティーク家具の相場をまずチェック! 3,000点以上の販売実績から商品価格の目安がわかります。
品番
SB0347
ソリッドオーク コートカップボード
品名

ソリッドオーク コートカップボード

販売価格(税込) 159,840 円
通常価格 155,400 円
   
ポイント 0 Pt
個数

入荷予約

お問い合わせ

ただいま在庫がございません。
※ HOLD!はご商談中か、入金確認状態です。
※ 商品の入荷案内・ご予約については こちら をご覧下さい。

アンティーク家具・照明の専門店「デニム アンティーク ファニチャー」へようこそ!当店ではチェアやテーブル、キャビネットなどのイギリス(英国)アンティーク家具やランプ、シャンデリアなどのフランスアンティーク照明を低価格と安心品質で全国へお届けしております。

現在のカゴの中

商品数:0点

合 計:0

カゴの中を見る

このページのTOPへ