TOPへ
BOTTOMへ
前のページへ戻る

PA0207  2 フランス 1900年代 Soulac-sur-Mer / Oil Painting

Lot18-4_0217
Soulac-sur-Mer / Oil Painting

サイズ 幅 295mm  奥行 70mm  高さ 345mm  
※ 詳しいサイズは、こちら

アンティーク家具・照明の専門店「デニム アンティーク ファニチャー」へようこそ!当店ではチェアやテーブル、キャビネットなどのイギリス(英国)アンティーク家具やランプ、シャンデリアなどのフランスアンティーク照明を低価格と安心品質で全国へお届けしております。

Outline/商品の概要(仕入担当者からのコメント)

デニムがおすすめする”コンテンポラリーアート”のオイルペインティング(油絵)です。
今から100年ほど前、20世紀初めごろに描かれたフランス印象派のビーチスケープになります。

カラフルなレトロファッションに身を包んだ裕福そうな人たち。

19世紀後半から20世紀初めごろのファッションリーダーたちなのでしょう、
教科書的に表現すれば ”ブルジョワジー(資産階級)” と呼ばれる人たちと思われます。

オンシーズンのリゾートビーチシーンです。
太陽がまぶしい夏真っ盛りと思われる季節感ですが、
現代と違って肌は一切露出していません。

ファッションだけ見るとあたかも涼しい季節のようですが、
もくもくと立ち昇る入道雲が、まさしく盛夏であることを表しています。

こちらは20世紀初頭のフランスのビーチリゾートを描いた作品。

受け継がれてきたディーラー情報によれば、タイトルは’スラック=シュル=メールSoulac-sur-Mer’。
おそらくはフランス南西部の有名なリゾートビーチ、スラック=シュル=メールのビーチスケッチと思われます。

作者は右下にサインがあり、”R. Wilson”とあります。
非常に「有名な」不詳の作家です。(笑)

どういうことかといいますと、R. Wilsonといえば、
ヨーロッパの絵画コレクターたちの間ではかなり知られた名前のアーティストになるのですが、
では、R. Wilsonのプロフィールは? となると、専門の絵画ディーラーですら知っている人はいませんでした。

その一方、欧米のアートオークションなどではR. Wilsonの作品はしばしば目にすることができ、
作品情報はどちらかといえば豊富。

こちらの作品もそうなのですが、見た限り、R. Wilsonのほとんどの作品は
ロココ調の高価な額にフレーミングされていて、そのロケーションはフランスのリゾートビーチ一辺倒、
富裕層たちも登場していて、描写が華やいでいますし、
額も含めてインテリアとして見ても、とても映える作品が多いので、
コレクターたちにはとても人気があり、結果、多くの作品を目にすることができています。

作者は、この独特の画風から、かなり著名なフランス印象派の近代作家と思われますが、
色々調べましたが、残念ながらアーティスト情報を明らかにすることはできませんでした。

また作品周りにも特に参考になりそうな情報はありませんでした。
作品の背面にはいつの時代かにレストアをされたのでしょう、
保護のヘッシャンクロス(麻布)は張られていて、現状しっかりと封印がされてしまっています。

フレームはおそらく、製作当時のオリジナルフレームと思われます。
感覚的には、やはりディーラー情報通り、100年ほどの歳月が経過した印象です。

作品から受ける印象としましては、経験を積み重ねた職業的なオイルぺインター、
あるいは美術を学ぶ学生を指導できる立場にある教授、などのように思われます。

権威ある専門家が見て、評価されるレベルのアーティストだったことがうかがわれます。

いえ、作品を見れば誰が見ても、フランス・インプレッショニストとして、
名前からするとイギリス人かと思われますが、マスタークラスの作品であることは明らかでしょう。

こちらの作品が、確立された自身の技法をもって描かれた秀作であることは、
デニムが自信をもって断言させていただきます。

現時点では、価格的見て、お安くはないですが、一般的なアンティーク絵画に比べて、
それほど高値がついているとも思われません。
オークション結果を見ると、700~1400ユーロ(現在1€=135円前後)で取引されています。

ただ、特徴的な画風でサインもありますので、いずれアーティスト情報は明らかになるのではないかと思っております。
その時には注目をあつめ、作品相場が高騰する可能性を秘めていると思います。

遠近法などにこだわりなく視界を広く感じさせる構図、的確にそして計算高く描きこまれた光や影の表現力、
鮮やかに情景を印象付ける作品の色彩感覚、高いインテリア性を感じさせるセンスある描写・・。

多くの人が、自分の手元に置いておきたいと思う、そんな魅力にあふれています。

こちらはイングランド中心部、ノッティンガムNottinghamのアンティーク絵画ディーラーより、
デニムが直接入手いたしました。

出所情報は、直近ではイギリス人コレクターのプライベートコレクションだったようです。
何でも、かなり高い身分の方の邸宅から放出されたもの、ということ。

他にも多くのアンティーク絵画が売りに出されていて、一部の作品はちらりと見ることができましたが、
相当な巨匠の作品も混じっていたので、上級クラスの収集家が所有していたことは確かです。

小ぶりな作品なので、おそらくは書斎などのアクセントに飾られていた絵画のように思われます。

オールドフレンチスタイルのゴールドギルトウッドフレームも、ボリュームがありながらも品格のある印象で、
アンティークなインテリアにもふさわしい雰囲気と思います。

その厚みの持たされたフレームデザインは、レトロモダンな印象派の作風と相性はぴったり、
作品を引き立てているようにさえも見えます。

インテリアにこだわるアンティーク上級者の方にはぜひおすすめしたい、
素敵な20世紀インプレッショニストのファインアートです・・。

(Buyer/YM)

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

Condition/商品の状態(修理担当職人からのコメント)

20世紀初めごろに描かれた、作家オリジナル(肉筆)の風景画です。
こちらは支持体(画材)がキャンバスではなく木製パネルに描かれた油彩画になります。

とてもセンスの良い印象派のスタイル。
題材は20世紀初頭のビーチリゾートシーン、
スラック=シュル=メールSoulac-sur-Merと思われる砂浜が描かれています。


↑Soulac-sur-Mer, France

スラック=シュル=メールは、有名なボルドーの北西86kmにある小さな港町。
中世には港として栄えていたようですが、19世紀には衰退期に入り、観光都市となっていったようです。

特にビーチサイドは人気があるようで、今でも夏になると3万人ほどの海水浴客が訪れています。

そんなスラック=シュル=メールのリゾートビーチを描いたこちらの作品、
絶妙な色合いの色彩感覚が素晴らしいですね。

作者については詳細は不明ではありますが、画面右下にサインが確認出来ます。
”R. Wilson”とあります。


Mid-20th Century French Impressionist Painting in Gilt Frame
Signed R. Wilson Sold for $900


良く知られたサインで、またこれほどの技量を持つアーティストの作品ですので、
時間はかかるかもしれませんが、いずれ作者の情報は明らかになるのでは、と思います。

唯一、確かに言えることは、19世紀末から20世紀初めごろの印象派画家であること。
名前だけで見れば、イギリス人インプレッショニストかと思われます。

印象派と言えば、今でこそ日本でも人気の美術スタイルですが、
フランスでの発祥当初(1872年のモネ作”印象・日の出”の作品公開)は酷評されていましたね。

保守的な傾向の強いイギリスにおいても、おそらく初期の段階では
相当ネガティブな反応があったのだろうと想像されます。

ただ、こちらの作品の製作時期は、20世紀初めのころと思われますので、
印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネClaude Monet(1840-1926)が、
すでにその画風を世に知らしめたころ。

さらにオランダのフィンセント・ファン・ゴッホVincent Willem van Gogh(1853-1890)や
フランスのウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャンEugène Henri Paul Gauguin(1848-1903)など
ポスト印象派の前衛作家も現れ、印象派の美術的評価はますます高まっていた時期と思われますので、
時流に乗った新鋭の作家による作品と見てよいかと思います。

そんな作品ですから、額装も作品に引けを取らず美しい、いや、すばらしい。
フレンチロココスタイルのゴールドギルトゲッソフレームです。

細かな彫刻が施された手の込んだ一級品、
100年前当時のオリジナルフレームです。

さて、入荷時のコンディションですが、100年ほど経過している絵画としては全体に良好な状態でした。

古いオイルペイントに見られがちな微細なひび割れもほとんどなく、、
印象派の特徴である、マチエール(作品表面のその作家独特の肌合い)がしっかりと確認出来ます。
発色もまだまだ良好、と言ってよいでしょう。

表面をコーティングしているワニスは少々黄変が見られますが、気になるほどではなく、
それもアンティーク絵画の証明、古色(パテナ)の一部として、雰囲気としては悪くはないものと思います。

フレームに関しては、構造的には問題なく、
多少の欠け程度は見られたものの、ギルティング(金彩)の状態もまずまず良かったです。
過去にレストアをされたことがあったのではないかと思われました。



汚れについてはしっかりとメンテナンスオイルでクリーニング、気になる汚れは除去しておきました。
ギルティングの欠けやスレには真鍮粉を使って、金属の輝きを補っておきました。

あまりきれいにやりすぎてしまうと、のっぺりとして全くアンティークらしくなくなってしまいますので、
目立たないレベルのスレなどは雰囲気程度に残しています。

それらの作業中は絵画面は優しく養生しておりますので、画面への影響はありません。

裏面は入荷時よりヘッシャンクロスで封印されておりました。

当時のギャラリーラベルなどの情報もわからない状態でしたが、作品の装填状態は良く、
がたつきなども全く見られませんでしたので、封印を解くことはしておりません。

参考情報などは確認いたしましたが、特にお伝えすべき情報はありませんでした。

最後に、裏側上部にはフックとナイロンコードをお取りつけ致しました。
お手元に届いてすぐに壁にかけていただける状態です。



描かれている絵画自体につきましては、特に塗料はがれなど美観を損なう点もありませんでしたので
基本的にデニムでは手を加えておりません。
ただ、絵画を少しでもクリアに見ていただくために画面洗浄のみ行いました。

洗浄といっても、もちろんザブザブ洗うわけではありません。
面棒の先程度の小さな面積に水を含ませて、ちまちまとやってまいります。
表面を保護しているワニスはどうしても経年とともに黄変していくものですので、完全にクリアに、
というわけにはいきませんが、ワニスの表面の汚れを取り除いてやっています。

時間をかけた甲斐あって、雲の部分など、ワントーン明るくなったかと思います。

以上、大切な価値ある芸術作品ですので、しっかりメンテナンス致しました。

インテリアのアクセントとしても、お部屋の雰囲気を明るく演出してくれそうです。
担当職人より自信を持ってお勧めいたします。

(Restorer/YM)

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

Impression/当店の評価(お客様担当からのコメント)

コレクションアイテムとしてのアンティーク絵画、というよりも、
純粋に芸術作品としての「格」の高さを感じるアンティークアートです。

これほどの技量を持つアーティストの作品ですから、
風景画としての美術的評価も想像がつくというもの。

アーティストとしてのプライドを感じる独自スタイルの描写、真摯で生真面目ささえ感じる陰影の表現力、
鮮やかな色彩で印象付ける個性的なセンス・・。

専門家でなくとも、マスタークラスの職業画家が描いた作品であることはすぐに想像がつきます。

作者についてはサインはありますが、残念ながら情報不詳。
一般的に見れば、19世紀末ごろのクロード・モネClaude Monet(1840-1926)のスタイルに
かなり影響を受けた作家のように思われます。

こちらの作品の画風としては、あたかもフランス・モダンであるかのように情緒的であること。

過去の一瞬を切り取ったような、瞬間的な描写ではなく、
ビーチで過ごしたひと時の時間の流れが感じられるような、心の情景を見ている印象を受けます。

光の動きを変化の質感で表す、印象派らしい作品かと思います。

この作品には、「フランス印象派の作者が描いた”スラック=シュル=メールSoulac-sur-Mer”というタイトルの作品」
というメッセージだけがディーラー情報として受け継がれてきていました。

スラック=シュル=メールは、中世のころから続く歴史ある港町。

ボルドーに近い風光明媚な地域で、古くは港として栄えた街だったようですが、19世紀終わりごろから、
沿岸の砂丘に富裕層の別荘が立ち並び始め、リゾートビーチに変わっていったそうです。

こちらの作品に描かれている、海水浴を楽しむ人々など、
明らかに当時の富裕層のリゾートシーンを描いた作品といえそうです。

こちらの作品が20世紀初頭に描かれたもの、とすれば、
ちょうどスラック=シュル=メールが観光都市としての認知が定着したころ、だったことでしょう。

一方で、モネをはじめとするフランス印象派が全盛を迎えていた時期は、1880年代から1890年代。

とすればこちらの作者は、印象派の中でも後期の作家といえるかもしれません。
どちらかといえばポスト印象派に近い?

いずれにせよ、こちらの作品の作家が、職業画家として活動をしていたならば、
当時の時代の先端を行くトレンドに影響を受けていたと考えても不思議ではないでしょう。

イギリス(フランス)の20世紀現代美術の先駆け、といった作品にあたるのではないかと思っております。

さて、そんなこちらの作品につきまして・・以下、雑感です。

季節は盛夏。
場所はフランスのリゾート地 ”スラック=シュル=メール”。

空は青く、雲が高い。
暑い季節でも海風がやさしく、炎天下といえども心地よい。

ビーチで戯れる人々は身なりがとても華やかに見えます。
近くに別荘を構える人々のプライベートビーチに近い場所なのでしょう、優雅に海水浴を楽しんでいます。

忙しい毎日の中の、ひと時の休息日・・。
あたかも自分自身の経験のように、脳裏にその楽しかった情景をぼんやりと思い浮かべることができます。

楽しかった過去を思い出し、何だか人生って悪くないかも、なんて思っている自分がいたりします。
なんだか見ていて、ほっ、と安らぎます。

その作品のマチエールに富んだ描写が、とても前向きで温かい。
筆致の柔らかさが、時間の流れがとまったように感じさせ、
のんびりとした穏やかなリゾートのひと時に感情移入させられます。

作品の高度で理性的なテクニックに思わず引き込まれてしまうかのように、
じっと感情で見入ってしまうような印象。
作者がインプレッショニストらしい、心に感じる描写です。

作者は才能にあふれ、自他ともに優秀と認められていた、プロフェッショナルなアーティストだったのでしょう。
商業的な感性にもたけていて、いかにもお金持ちがお金を出して購入してくれそうな作品を次から次へと創作する、
そんな作者の人物像が、目をつむると浮かんできます。

これほどの技量を持つオイルぺインターですから、きっと将来、アーティストの名は明らかになることでしょうね。

全くの私見ですが・・この ”R. Wilson”さん、もしかしてペンネームなのでは・・。

著名な作家に良くあったそうですが、いくつものペンネームを持ち、
依頼されるスポンサーやテーマに合わせてサインを変える・・。

かなりのビッグネームのアーティストがしばしば行っていたと聞きます。
もしかするとこちらの作品も・・。

・・そんなとりとめのないことを考えさせられる、秀逸なコースタルスケープです。
後世へ長く、多くの方に感じていただきたい名画だと思います。

インテリアの演出にちょうど良い小ぶりなサイズですので、
アンティークインテリアのアクセントとして、空間の雰囲気づくりには効果的と思います。

イギリス(フランス)・インプレッショニストの素敵なビーチシーンを、ぜひエントランスに、書斎に、リビングに・・。
本物を知るアンティークファンの方に、ぜひ。

(Sales/YM)

★EXTRA PHOTO

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

 

その他のオススメ商品

スーパークオリティ バルボスオーク ダイニングチェア

スーパークオリティ バルボスオーク ダイニングチェア

品番:DC1182 価格(税込) 43,200 円

お合わせしているチェアはこちらです。

スペック表

※各項目の文字をクリックするとその項目の説明ページにジャンプします。

商品基本情報
品名 Soulac-sur-Mer / Oil Painting
品番
PA0207
管理番号Lot18-4_0217
販売価格(税込) 90,720 円 在庫数 0
サイズ 幅 295mm  奥行 70mm  高さ 345mm  
※絵のサイズは幅110mm×高さ155mmです。
送料ランク・重量 ゆうパック100   送料目安:1,260円~1,730円 (沖縄 1,870円)  ゆうパックによる配送になります。  
商品分類 クラス
デザイン
ユース
ランク
カテゴリ 装飾品/Decor  >  絵画/写真/美術品
商品プロフィール
原産国 フランス 年代1900年代
メーカー デザイナー
主要素材
主要素材の材質
主要素材の等級
商品の無垢率
カラー
塗装・仕上げクリーニング・ラッカー仕上げ
その他素材
その他の素材のカラー
メンテナンス状況
コンディション 傷の程度
目立つ傷
交換・改造
実用性
商品プロフィール
原産国 フランス 年代1900年代
メーカー デザイナー
主要素材
主要素材の材質その他
主要素材の等級1級
商品の無垢率90%以上
カラー彩色系
塗装・仕上げ
その他素材
その他の素材のカラーその他
メンテナンス状況一部メンテナンス
コンディション 傷の程度年代なり
目立つ傷年代なり
交換・改造少ない
実用性あり
商品評価
デニムの総合評価
商品評価
デニムの総合評価

ご購入・お問い合わせ・入荷予約

装飾品/Decor  >  絵画/写真/美術品

お電話でのご注文は
046-845-4280
FAXでのご注文は
046-845-4290 FAX送信フォームはこちらからどうぞ
アンティーク家具の相場をまずチェック! 3,000点以上の販売実績から商品価格の目安がわかります。
品番
PA0207
Soulac-sur-Mer / Oil Painting
品名

Soulac-sur-Mer / Oil Painting

販売価格(税込) 90,720 円
通常価格 88,200 円
   
ポイント 864 Pt
個数

入荷予約

お問い合わせ

ただいま在庫がございません。
※ HOLD!はご商談中か、入金確認状態です。
※ 商品の入荷案内・ご予約については こちら をご覧下さい。

アンティーク家具・照明の専門店「デニム アンティーク ファニチャー」へようこそ!当店ではチェアやテーブル、キャビネットなどのイギリス(英国)アンティーク家具やランプ、シャンデリアなどのフランスアンティーク照明を低価格と安心品質で全国へお届けしております。

現在のカゴの中

商品数:0点

合 計:0

カゴの中を見る

このページのTOPへ