TOPへ
BOTTOMへ
前のページへ戻る

HA0156  1 イギリス 1830年代 ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

Lc28-4_0422
ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

サイズ 幅 530mm  奥行 570mm  高さ 920mm  座面高 465mm  肘掛高 700mm  座面奥行 470mm  座枠高 415mm  

アンティーク家具・照明の専門店「デニム アンティーク ファニチャー」へようこそ!当店ではチェアやテーブル、キャビネットなどのイギリス(英国)アンティーク家具やランプ、シャンデリアなどのフランスアンティーク照明を低価格と安心品質で全国へお届けしております。

Outline/商品の概要(仕入担当者からのコメント)

今から何と!170年以上前、19世紀前半のイギリスで製作されたカーバーチェア(主人の椅子)です。
リージェンシースタイルの流れを組む、“ウィリアム4世WilliamⅣ”時代の芸術品になります。
正真正銘の「本物」です。

あまり出てこない時代のチェアですので簡単に解説させていただきますが、
ウィリアム4世は1830年から1837年のわずか7年間君臨した、
イギリス・ハノーヴァー朝第5代君主になります。

ちなみに第6代君主は、かの“クイーン・ヴィクトリアQueen Victoria”で、
ヴィクトリア女王(1837~1901)はウィリアム4世の姪にあたります。

ヴィクトリアン様式の家具は頻繁に当サイトでもご紹介させていただいておりますので、
十分にご存知ですよね。

また、前の時代の第4代君主は“ジョージ4世George Ⅳ”(1820~1830)で、彼は皇太子時代から
“リージェント(摂政)”として政務を担当していたことで、彼の時代は“リージェンシー”と呼ばれています。

その時代のデザイン、リージェンシースタイルの家具も後年のリプロダクション(復刻家具)として、
ヴィクトリアンの家具同様、多く見られるデザインです。

ウィリアム4世の時代は、そんなヴィクトリアンとリージェンシーの時代に挟まれた、短命な時代。
そのため、デザイン様式としては産出された家具も少量で、家具史的にも地味な印象になってしまっておりますが、
それでも、英国家具の歴史を知るうえでは、とても重要な時代でした。

すなわち、ひとつには、ウィリアム4世の時代は前近代的な(手工業としての)家具産業が
その規模、技術力ともにピークを迎えていた時代であったこと、があげられます。

英国家具の「黄金期」と言えば、あのトーマス・チッペンデールたちが活躍した、
“ジョージ3世George Ⅲ”(1760~1820)の時代を指しますが、それは言ってみれば「発展期」。

職人の技術水準が向上し、産業として「成熟期」に入ったのはウィリアム4世の時代だったようです。
何でも、熟練した家具職人が何と数千人規模!で存在していたとのことで、
家具産業が当時、最先端の“基幹”産業だったことが想像されます。

またウィリアム4世の時代の家具が重要である2つ目の理由として、
その時代に作られた家具が「最後の古典主義」様式の家具、と言われていることです。

次のヴィクトリアンの時代には、後に家具の量産化が始まり、
家具の一部では近代的な「工業製品」に成り下がってしまいました。
ヴィクトリアンの家具デザイン自体も、過去の様式を折衷した、
独自性の低いものであったことも挙げられています。
(決してレベルが低かったと言っているわけではございません。念のため。)

つまり、19世紀ヴィクトリアンの時代以降、商業製品としての家具が一般に普及します。
家具がまだ庶民には手の届かない富裕層の贅沢品だったり、椅子がその人の身分をあらわしていたりしていたのは
このウィリアム4世の時代が最後だったのです。

もちろん、デザイン性だけではなく、今では入手できないような銘木が使われていたり、
高い技術を持った「匠」でなければ製作できないような造形を伴っていたり、と
アンティーク家具ならではの品質も、この時代以前のものであればほぼ間違いなくトップレベルのお品です。

従って、年式に偽りさえなければ、ウィリアム4世時代以前の英国家具は、
全て歴史的な芸術品、あるいは「過去の文化遺産」と断言しても良いと思います。

・・このチェアのデザインは、いわゆる“リージェンシー”(摂政)スタイル、
それも“オールドフレンチ”と呼ばれる、フランス“ルイ14世”様式の流れを組む正統なもので
伝統家具としての血統、製作者の主張、マニュファクチャーの水準、素材の等級・・、等
その全てが最高位に位置づけられるものです。

ダイナミックな曲線美は、歴史上最高級のマホガニー材、中米産スパニッシュマホガニーを贅沢にも削りだして構成。
そこには合理化、コストダウン、などといった思想などみじんもなく、
ただ、ただ、シンプルに、良い材料を最高の技術でつくった結果、創造された椅子になります。

2世紀近くもの間、大切に受け継がれてきたまさに「芸術品」。
その価値はこれからも長く受け継がれて行くことでしょう。

デニムがお勧めできない理由はどこにもありません・・。

(Buyer/YM)

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

Condition/商品の状態(修理担当職人からのコメント)

19世紀前半の最高級アンティークチェアです。
今から何と、200年近く前のスーパーアンティークになります。

素材のマホガニーは色合いも美しいとても良質な無垢材です。
それも木肌のきめが細かく、赤みが強い ”スパニッシュマホガニー”と呼ばれる銘木級の逸材です。

現代において最高のマホガニー、“ホンジュラス” マホガニーが一般材だった時代の最高級材で、
”サーカシア・ウォルナット”や”ブラジリアン・ローズウッド” などと同様、
マホガニー材の中でも最高位に位置づけられる材料です。

スパニッシュマホガニーは比重が重く、歳月を経るほど赤銅色に変化し、磨けば磨くほど艶を増す特徴があります。

その銘木を、これだけの杢目とサイズで揃えられるとは、今では考えられない仕様です。

造形などもすべて無垢の本体を削り出したもので、見た目よりも相当大きな材料が必要になり、
お金に糸目をかけずにオーダーされたチェアであることが良くわかります。

さて、コンディションも入荷時より良好でした。
大切に扱われてきたことが伺われるように、傷やダメージもほとんど見られず、
塗装のコンディションも古艶ののった素晴らしい状態でした。



外観の造形も彫刻も、ほぼ当時の状態を維持しています。
ダメージなどはほとんどなく、小さな欠けや薄い傷程度で、19世紀のこれほど手の込んだ造形が
このレベルならほぼパーフェクトといって良いと思います。

構造面では、フレームにはしっかりとした十分な強度がありました。

全体的に大きな補修の必要はありませんでしたので、
当店では基本メンテのみ丁寧に行わせていただきました。

とはいえ、接合部はきちんと締め直し、ガタつきやぐらつきは補正しております。



座面生地は入荷時オリジナルのブラウンレザー(合皮)がまだご利用可能な状態でした。
良い感じにヴィンテージレザー風に経年変化しておりましたので、
お手入れしたのち再利用させていただくことといたしました。

さしあたってカジュアルにご利用いただき、お好みの生地が見つかったら、
お張替えするのがよろしんのではないかとご提案させていただきました。

座面は外せるタイプとなっておりますので、
宅急便でお送りいただければお張替えしてお送りすることができます。
※お張替えの工賃、送料、生地代は別途となります。
※クッションなども交換する場合には、座面の高さなどをお合わせしますので、できればフレームごと送りいただいた方がよろしいかと思います。


もしお好みの生地などがありましたら、もちろん、お張替え後の納品も可能ですので、
お求め時にその旨、お申し付けください。

クッションは、当時の高級チェアの典型的な仕様、「馬毛」をベースに成型されているシートなので、
ちょっと固めですが、特に座り心地が悪い、という感じはないと思います。

シート生地の再利用にあたってはしっかりと「CR0309 HOWARD レザークリーナーLeather cleaner 473ml」にて
クリーンアップさせていただきました。



その他、クリーニングはひっくり返して脚の裏まで、全身徹底的に行なっておりますので、
170年前のものとは思えないほどきれいに仕上がっていると思います。

クリーニングはまずエアーダスターで徹底的にホコリを叩き出しました。
デニム独自配合のウッドトリートメントを使用し、全体を拭き上げながら、
合わせて彫刻などの表面を細かく再度チェックしました。

デニム愛用の「CR0290 HOWARD オレンジオイルOrange Oil 473ml」でウッドトリートメントも行い、
木部の状態も入念に整えております。
英国直輸入のレッドマホガニーカラーのオイルステインで磨いて微小な傷のメンテナンスも行いました。

仕上げは全体を天然樹脂製のシェラックニスでコーティングし、艶やかにフィニッシュいたしました。



出荷前には塗装の完全乾燥を待ち、天然ビーズ(蜜蝋)ワックスでさらに磨き上げてお届けさせていただきます。

入荷時から素晴らしいコンディションに恵まれておりましたので
仕上がり具合も良好です。

これほどのお品にはそうは出会えない素晴らしいアンティークチェアだと思います。
コンディションもお勧めできるエクセレントクラスの超・一級品です。

(Restorer/YM)

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

Impression/当店の評価(お客様担当からのコメント)

流れるような躍動感あふれる曲線のトップレイル(笠木)と、
高貴なフォルムのスプラットバック(背当て)・・。

180年経過したとはとても思えないコンディションで、
全く色あせることのない、それどころか、
ますます評価の高まっていきそうな、すばらしいフォルムです。

何とも言えない、
アンティーク・レッド・マホガニーの木肌の美しさ・・。

上品さの漂うこちらのお椅子を前にして、しばし息をつめて見つめてしまいました。

本当に、歴代のオーナー様がきちんと手入れをされ、大切に扱われてきたことが伺われます。

また、座面はこのチェアにふさわしいよう、モリスの織生地"Fruit" でお張り替えしました。
華やかながら、アンティークらしさを一層引き立てています!

高価なチェアではありますが、これからお付き合いいただく長い歳月をお考えいただければと思っております。

どうぞお早めにご検討を!

(Sales/TJ)

★EXTRA PHOTO

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

 

その他のオススメ商品

ハワードHOWARD レザークリーナーLeather cleaner 16oz.(473ml)

ハワードHOWARD レザークリーナーLeather cleaner 16oz.(473ml)

品番:CR0309 価格(税込) 2,137 円

※使用したクリーナーはこちらです

ハワードHOWARD オレンジオイルOrange Oil 16oz(473ml)

ハワードHOWARD オレンジオイルOrange Oil 16oz(473ml)

品番:CR0290 価格(税込) 2,700 円

※使用したオイルはこちらです

スペック表

※各項目の文字をクリックするとその項目の説明ページにジャンプします。

商品基本情報
品名 ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア
品番
HA0156
管理番号Lc28-4_0422
販売価格(税込) 99,360 円 在庫数 0
サイズ 幅 530mm  奥行 570mm  高さ 920mm  座面高 465mm  肘掛高 700mm  座面奥行 470mm  座枠高 415mm  
送料ランク・重量 Cランク   送料目安:7,398円~12,798円 (沖縄 18,522円)  らくらく家財宅急便による配送になります。  
商品分類 クラス
デザイン
ユース
ランク
カテゴリ 椅子/Chair  >  アームチェア
無銘の椅子コレクション/Premium Chair Collection  >  無銘の名作椅子
商品プロフィール
原産国 イギリス 年代1830年代
メーカー デザイナー
主要素材
主要素材の材質
主要素材の等級
商品の無垢率
カラー
塗装・仕上げステイン・ニス・ワックス仕上げ
その他素材
その他の素材のカラー
メンテナンス状況
コンディション 傷の程度
目立つ傷
交換・改造
実用性
商品プロフィール
原産国 イギリス 年代1830年代
メーカー デザイナー
主要素材ウォルナット
主要素材の材質無垢材
主要素材の等級S級
商品の無垢率90%以上
カラーダーク系
塗装・仕上げ
その他素材ビニール
その他の素材のカラー茶系
メンテナンス状況フルメンテナンス
コンディション 傷の程度年代なり
目立つ傷年代なり
交換・改造なし
実用性あり
商品評価
デニムの総合評価
商品評価
デニムの総合評価

ご購入・お問い合わせ・入荷予約

椅子/Chair  >  アームチェア  |  無銘の椅子コレクション/Premium Chair Collection  >  無銘の名作椅子

お電話でのご注文は
046-845-4280
FAXでのご注文は
046-845-4290 FAX送信フォームはこちらからどうぞ
アンティーク家具の相場をまずチェック! 3,000点以上の販売実績から商品価格の目安がわかります。
品番
HA0156
ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア
品名

ウィリアム4世William IVスタイル マホガニーリージェンシーアームチェア

販売価格(税込) 99,360 円
通常価格 96,600 円
   
ポイント 0 Pt
個数

入荷予約

お問い合わせ

ただいま在庫がございません。
※ HOLD!はご商談中か、入金確認状態です。
※ 商品の入荷案内・ご予約については こちら をご覧下さい。

アンティーク家具・照明の専門店「デニム アンティーク ファニチャー」へようこそ!当店ではチェアやテーブル、キャビネットなどのイギリス(英国)アンティーク家具やランプ、シャンデリアなどのフランスアンティーク照明を低価格と安心品質で全国へお届けしております。

現在のカゴの中

商品数:0点

合 計:0

カゴの中を見る

このページのTOPへ