TOPへ
BOTTOMへ
前のページへ戻る

PA0191  2 フランス 1910年代 Portrait of Young Ladies / Oil Painting

Lot17-20_0617
Portrait of Young Ladies / Oil Painting

サイズ 幅 610mm  奥行 45mm  高さ 710mm  
※ 詳しいサイズは、こちら

アンティーク家具・照明の専門店「デニム アンティーク ファニチャー」へようこそ!当店ではチェアやテーブル、キャビネットなどのイギリス(英国)アンティーク家具やランプ、シャンデリアなどのフランスアンティーク照明を低価格と安心品質で全国へお届けしております。

Outline/商品の概要(仕入担当者からのコメント)

デニムがおすすめする”コンテンポラリーアート”のオイルペインティング(油絵)です。
今から100年以上前、20世紀初期に描かれたフランス印象派の肖像画になります。

こちらの作者は20世紀のフランス画派、”R .LE ROSSETT”。

作者のサインは右下にあります。
作品の色のトーンに合わせるカラーサインで、専門家筋では知られたネームです。
ただアーティスト情報に関しては、詳細は不明。

独特の画風、そして20世紀のフランス印象派として比較的アートオークションなどで見る機会のある作家名ですが、
残念ながらアーティストに関する情報を入手することはできませんでした。

フレームの状態や背面を見ると、製作当時からのオリジナルフレームと思われますが、
近年のものと思われるクラフト紙と裏板で封印され、ギャラリーラベルなどの痕跡は確認はできませんでした。

手がかりになりそうな情報は作品周りにはありませんでした。

ただ、見る人の美的感覚を刺激する、美しさに満ちたこの作品。
権威ある専門家が見て、評価されるレベルのアーティストだったことがうかがわれます。

作品から受ける印象としましては、経験を積み重ねた職業的なオイルぺインター、
あるいは美術を学ぶ学生を指導できる立場にある教授、などのように思われます。

作品を見れば誰が見ても、フランス・インプレッショニストのマスタークラスであることは明らかでしょう。

こちらの作品にしても、確立された自身の技法をもって描かれた秀作であることは、
デニムが自信をもって断言させていただきます。

現時点では、価格的見て、お安くはないですが、一般的なアンティーク絵画に比べて、
それほど高値がついている作品ではありません。

ただ、特徴的な画風でサインもありますので、いずれアーティスト情報は明らかになるのではないかと思っております。
その時には注目をあつめ、作品相場が高騰する可能性を秘めていると思います。

浮世絵のように平面的でも視界に奥行きを感じさせる構図、的確にそして計算高く描きこまれた光や影の表現力、
妖艶な女性の永遠の美を印象付ける作品の色彩感覚、現代インテリアを感じさせるセンスある描写・・。

多くの人(特に男性?)が、自分の手元に置いておきたいと思う、そんな魅力にあふれています。

作品のクオリティだって、誰がどう見ても、
美術を志す人が、自身が確立したテクニックを注ぎ込んだ「血作」に間違いありません。

こちらはイングランド南東部、イースト・サセックスEast Sussexのアンティーク絵画ディーラーより、
デニムが直接入手いたしました。

ディーラーは、印象派、ポスト印象派の現代作家の作品をメインに扱っている専門ディーラー。
ですから、印象派の作品を見る目は確かです。

出所情報は、直近ではイギリス人コレクターのプライベートコレクションだったとのこと。
詳しいことは不明ですが、20世紀前半のフランス人画家による作品、という情報だけが引き継がれてきたようです。

いかにも、身分の高い個人宅の書斎や個人事務所などに、飾られていた個人蔵の絵画のように思われます。

オールドフレンチなパステルブルー&ゴールドのカラーフレームも、品のあるシャビーな印象で、
アンティークなインテリアにもふさわしい雰囲気と思います。

そのエイジングされたかのようなフレームデザインは、レトロモダンな印象派の作風とも相性は良く、
作品を引き立てているようにさえも見えます。

インテリアにこだわるアンティーク上級者の方にはぜひおすすめしたい、
素敵な20世紀のファインアートです・・。

(Buyer/YM)

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

Condition/商品の状態(修理担当職人からのコメント)

20世紀初頭に描かれた、作家オリジナル(肉筆)の人物画です。

こちらは支持体(画材)がキャンバスに描かれた油彩画になりますが、
支持体のキャンバスは裏からボード張りされたアートボードで、
さらに裏板が当てられてクラフト封印ののち、フレーミングされています。

フレーム自体は100年ものの風合いを感じるオリジナルのアンティークフレームと思われますが、
レストアは比較的新しい、といっても10年程度は経過しているようなコンディションかと思われます。

作品については、とても明るい色彩の印象派スタイル。
題材は若い裕福そうな女性の肖像、背後にはその女性の知人のような女性も描かれていて、
オペラグラスを持ち、上流階級の観劇をしているようなシーンが描かれています。

作品は光にあふれ、作者の華やかな配色の色彩感覚が素晴らしいですね。

さて、作者については詳細は不明ではありますが、画面右下にサインが確認出来ます。
ネームは”R .LE ROSSETT”。

20世紀のフランス人画家ということですが、詳細情報はありませんでした。


’Beach scene with figures ’ R. LE ROSSETT (20TH CENTURY) OIL PAINTING ON CANVAS

上記の作品は過去のアートオークションで取引があった作品になりますが、
比較的、ヨーロッパのアンティークアートコレクターの間では知られている、実績のあるアーティストのようです。

サインの下には製作年と思われる数字があり、”1911”(1917?)と読むことができます。
今から100年以上経過している作品になります。

作者については、フランス印象派の画家であることは間違いなさそうですし、
これほどの技量を持つアーティストですので、時間はかかるかもしれませんが、
いずれまた同じアーティストの作品に行き当たることもあるでしょう。

その時には何らかの情報をつかむこともできるかもしれません。
その時が来るのを楽しみにしたいと思います。

さて、作風はいかにもフランス画派らしいインプレッショニスト。

印象派と言えば、1872年のモネ作”印象・日の出”を由来とする、
19世紀の美術史に大きな影響を与えた革新的な一派ですが、20世紀初期という作画された時代を考えれば、
前衛的、というよりもどちらかといえば、すでに保守的な画風と理解されるようになっていたように思います。

印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネClaude Monet(1840-1926)をはじめ、
ピエール=オーギュスト・ルノワールPierre-Auguste Renoir(1841-1919)、
アルフレッド・シスレーAlfred Sisley(1839-1899)、カミーユ・ピサロCamille Pissarro(1830-1903)、
ポール・セザンヌPaul Cezanne(1839-1906)など、印象派の巨匠といわれる画家たちは、
全く絵画に興味のない一般人でさえ、その名前くらいは聞いたことがあるでしょう。

つまり、それほど広く、印象主義が標準的なスタイルとして定着した、ということ。
20世紀前半には、すでに印象派が美術界の「体制派」といっても良い時代になりつつあったのかもしれません。

こちらの作品の作者が、そのように体制派だったかどうかはわかりませんが、
印象派の美術的評価が確実に高まっていた時期と思われますので、
時流に乗った王道を行く作家による作品と言えるでしょう。

また、印象派の中でも最も人気の高い作家のひとり、ルノワールの代表作に良く似ている、
と感じているのは筆者だけではないでしょう。


Pierre-Auguste Renoir ’Jeanne Samary in a Low Necked Dress’ 1877, Pushkin Museum, Moscow, Russia

上記の作品は、誰もが知るルノワール36歳の時の作品、”ジャンヌ・サマリーJeanne Samary in a Low Necked Dress ”。
画風としてはかなり違いますが、筆者には女性に対する美的感覚がとても似ているように思えます。

画風についていえば、ルノワールがお金に困って”サロン(フランス画壇)”に回帰したころの作品は、
かなりこちらの作品の画風に近いように思われます。
ルノワールが晩年の古典主義に回帰する少し前のころの作風です。

独特の明るい色遣いなどは別にして、やや粗い描写の中にデッサンを重視した主題を盛り込んだ画風などは、
こちらの作品にもその影響が現れているようにも見えます。

そんなビッグネームをほうふつとさせる作品なわけですから、
印象派を専門に扱うアートディーラーがこちらの作品を評価し扱ったのも、当然といえば当然。

もちろん、素敵な額装に大切にリフレームされ、絵画市場で流通していた作品ですから、
もともと評価が高かったことは明らかです。

そんな作品ですので、額装も作品に引けを取らずハイクオリティ、
フレンチスタイルの金彩入りパステルブルーのウッドフレームです。



おそらく後年、エイジング(時代調)が施されたと思われる、手の込んだ一級品、
半世紀近くは経過していると思われるヴィンテージクラスのフレームです。

マットブラックベースのフレームに、パステル調のライトブルーペイントを施し、
手仕事でゴールドギルト(金彩)を上塗りしたのではないかと思います。

いわゆるエイジングの塗装仕上げがされていますが、ある程度年代を経たことで
本物の時代感を感じるようになったのでしょう。

まだまだこれからも、使っているうちに良い風合いが出てくると思います。

さて、入荷時のコンディションですが、100年以上は経過している絵画としては全体に良好な状態でした。

古いオイルペイントに見られがちな微細なひび割れもなく、、
印象派の特徴である、マチエール(作品表面のその作家独特の肌合い)がしっかりと確認出来ます。
発色もまだまだ良好、と言ってよいでしょう。

表面をコーティングしているワニスも目立った変色などは見られず、
アンティーク絵画として、不具合はなし。

全体として経年なりの風合いはありますが、雰囲気としては全く悪くはないものと思います。

フレームに関しては、多少輸送時の小さな欠けい程度は有りましたが、構造的なダメージはなく、
基本的なメンテナンスとタッチアップ程度で美観的にも回復して行けそうでした。

エイジング処理とは別に、多少の経年劣化程度は見られたものの、
ペイントの艶や色合いの状態はまずまず良かったです。
その点でも、過去にレストアをされたことがあったのではないかと思われました。

フレーム表面についてはしっかりとメンテナンスオイルでクリーニング、気になる汚れは除去しておきました。

作品の装填面では、近年のレストアのようでがたつきはなく、背面には新しいクラフト封印がなされていました。

現状も作品の装填状態はしっかりとしています。

作品はクラフト紙で封印されているので状態は断言できませんが、
支持体となるキャンバスのの裏面にボード張りがされていて、
さらに、カード紙のような板紙で背面を押さえ封印しているように思われます。

こちらの作品に関しては、すでに封印ずみということで、再処理の必要は特にありませんでしたので、
クリーンアップをメインに、現状にてお手入れさせていただきました。



金彩のかすれも、エイジングのレベルを超えているような箇所には同色でタッチアップを施しておきました。
金彩には真鍮粉を使用しておりますので、金属ならではの経年変化でなじんでいくものと思います。

ただ、家具のようにあまり広い範囲できれいにやりすぎてしまうと、
作品との馴染みが悪くなってしまい、アンティーク(ヴィンテージ)らしくなくなってしまいますので、
艶出しや補色などは、雰囲気優先で行っています。

それらの作業中は絵画面は優しく養生しておりますので、画面への影響はありません。

最後に、もともと背面についていたフックにスチールチェーンを通しておきました。
特に重量のある作品ではありませんが、しっかりと荷重には耐えられる状態で、
お手元に届いてすぐに壁にかけてお役立ていただけます。

描かれている絵画自体につきましては、特に塗料はがれなど美観を損なう点もありませんでしたので
基本的にデニムでは手を加えておりません。

以上、大切な価値ある芸術作品ですので、慎重にメンテナンス致しました。

インテリアのアクセントとしても、お部屋の雰囲気を明るく演出してくれそうです。
担当職人より自信を持ってお勧めいたします。

(Restorer/YM)

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

Impression/当店の評価(お客様担当からのコメント)

コレクションアイテムとしてのアンティーク絵画、というよりも、
純粋に芸術作品としての「格」の高さを感じるアンティークアートです。

これほどの技量を持つアーティストの作品ですから、
肖像画としての美術的評価も想像がつくというもの。

アーティストとしてのプライドを感じる独自スタイルの描写、女性への美意識を思わせるつややかな陰影の表現力、
鮮やかな色彩で空気感を印象付ける個性的なセンス・・。

専門家でなくとも、マスタークラスの職業画家が描いた作品であることはすぐに想像がつきます。

作者は”R .LE ROSSETT”。
作家情報は残念ながら不明。
フランス20世紀の印象派画家ということしかわかっておりません。

筆者個人的には、ピエール=オーギュスト・ルノワールPierre-Auguste Renoir(1841-1919)のサロン回帰スタイルに
影響を受けた作家のように思われます。

ルノワールの有名な色彩表現のよう、というわけではありませんが、晩年の古典主義回帰以前、
経済的に困窮してポピュラーな画風に回帰したころの作品によく似ているようです。

人物の顔など、中世の宗教画さえイメージさせるほど書き込まれている一方、モデルの隣にいる、
知人と思われる人の顔ですら印象表現されている、そんな画風にルノワールの作品を想起させるのは、
多くの人に共感していただけるのではないでしょうか。

また、印象派の画家の多くは、絵具をパレットの上で混ぜず、小さな筆触をキャンバスの上に並べるという、
「筆触分割」という印象表現のテクニックを用いていたそうです。

これにより、絵具を混ぜて色が暗くなってしまうことを防ぎながら、視覚的には、筆触どうしの色が混ざって見える、
という効果が得られたのですが、こちらの作者の印象表現の手法もまた、
そんなかつての印象派の画家をほうふつとさせるものです。

「色や光の動き」を「筆触分割の質感」で表す、印象派らしいテクニックに、
晩年のルノワールの古典主義的なテクニックを取り入れた、高いスキルによる作品かと思います。

尚、描かれたのが1910年代のようですので、その当時、フランス印象派はもはやかつての前衛的な革新性はなく、
オーソソックスな画風になっていた時代だったかと思われます。

そんな時代背景の中、描かれたのがこちらの作品。
良くも悪くも、安心できる優等生的な作風のように感じられます。

誰もがこの作品を見て、明るく、にこっと微笑返してしまうのは、そんな奇をてらわないところにあるのかもしれません。

さて、そんなこちらの作品につきまして・・以下、雑感です。

メインのモデルは上流階級のご婦人。
観劇にお出かけされた日のワンシーンなのでしょう。

現代ならば、このようなポートレイト写真があふれるほど存在していると思います。

でも、まだまだ当時、写真は大衆には普及していない時代。
にこっと微笑んだ自然な日常の一瞬は、まだ写真では撮れなかった時代です。

だって20世紀初頭といえば、まだカメラは大きくて持ち運べませんし、
露光時間だって3分ほどかかっていましたから。
・・3分間微笑み続けるなんてことはなかなかできないことですよね。

この時代のポートレイト写真に無表情な人が多いのは、そんな事情があったんです。

でも絵画の世界なら・・一瞬の微笑みをとらえたポートレイトも可能。
とはいっても、その一瞬をとらえられるかどうかは、その人間の才能にかかっていましたけど、ね。

そんな才能が普通の人よりも突出していたのが、「天才」と謳われたポートレイトぺインターたち。
その中でも、人類史上傑出していたぺインターの一人が、フランス印象派の巨匠、
ピエール=オーギュスト・ルノワールだったのだと思います。

専門家の美術的評価はもちろん、彼のエイジレスな表現力は、現代の一般男性の目すら惹きつけるほどの、
圧倒的な魅力にあふれています。

ルノワールは、その作風が時代によって変わったりもしていますが、一般のアートファンにとっては
そんな学術的なことなど、実はどうでも良いこと。

見て、魅惑され、そして心が癒される、そんなルノワールが描く女性の美的感覚は、
画風などとは無関係に、世の男性たちを魅了し続けました。

・・そんな、歴史上の巨匠の作品を彷彿させるのがこちらのポートレイト。

とても明るく華やかな彩色で、モデルの女優、”ジャンヌ・サマリー”を描き切ったルノアールのように、
一人の女性の最も美しい瞬間をとらえ、余すところなくその魅力を表現しています。

作品を良し悪しを比較することなど、できることではないですし、無意味なこと。
しかしながら、その「美」の瞬間をとらえるアーティストとしての「天性の才」は、
”ロゼットR .LE ROSSETT”というこちらの作者は、ルノワールにさえ、劣らなかったのではないか、
筆者には、そんな風に感じました。

・・と、まあ、もっともらしく書いていますが、あくまで「骨董絵画」好きの独り言程度に聞き流しておいてくださいね。

とはいえ、こちらの作品の作者が、そんなフランスの美術史になお残した巨匠を意識していたとしたら、
実際、かなりの大物クラスのアーティストだったに違いありません。

将来、もしかするとアーティストの情報が明らかになることもあるかもしれませんね。

なんて、そんなとりとめのないことを考えさせられる、秀逸なポートレイトです。
後世へ長く、多くの方に感じていただきたい名画だと思います。

空間演出に効果的な15号以上の額縁サイズがありますので、
アンティークインテリアのアクセントとして、ぜひお部屋の明るい雰囲気づくりに生かしていただければ、と思います。

フレンチインプレッショニストの素敵なハイランドシーンを、ぜひエントランスに、書斎に、リビングに・・。
本物を知るアンティークファンの方に、ぜひ。

(Sales/YM)

★EXTRA PHOTO

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

 

その他のオススメ商品

トーネットTHONET ユーゲント・シュティール ハープバック ベントウッドチェア

トーネットTHONET ユーゲント・シュティール ハープバック ベントウッドチェア

品番:DC1111 価格(税込) 108,000 円

お合わせしているチェアはこちらです。

スペック表

※各項目の文字をクリックするとその項目の説明ページにジャンプします。

商品基本情報
品名 Portrait of Young Ladies / Oil Painting
品番
PA0191
管理番号Lot17-20_0617
販売価格(税込) 108,000 円 在庫数 0
サイズ 幅 610mm  奥行 45mm  高さ 710mm  
※絵のサイズは、幅465mm×高さ570mmです。
送料ランク・重量 佐川急便180   送料目安:2,646円~3,078円  佐川急便による配送になります。  
商品分類 クラス
デザイン
ユース
ランク
カテゴリ 装飾品/Decor  >  絵画/写真/美術品
商品プロフィール
原産国 フランス 年代1910年代
メーカー デザイナー
主要素材  
主要素材の材質 
主要素材の等級 
商品の無垢率 
カラー 
塗装・仕上げ
その他素材 
その他の素材のカラー 
メンテナンス状況
コンディション 傷の程度
目立つ傷
交換・改造
実用性
商品プロフィール
原産国 フランス 年代1910年代
メーカー デザイナー
主要素材オーク
主要素材の材質
主要素材の等級
商品の無垢率
カラー
塗装・仕上げ
その他素材
その他の素材のカラー
メンテナンス状況一部メンテナンス
コンディション 傷の程度年代なり
目立つ傷年代なり
交換・改造年代なり
実用性あり
商品評価
デニムの総合評価
商品評価
デニムの総合評価

ご購入・お問い合わせ・入荷予約

装飾品/Decor  >  絵画/写真/美術品

お電話でのご注文は
046-845-4280
FAXでのご注文は
046-845-4290 FAX送信フォームはこちらからどうぞ
アンティーク家具の相場をまずチェック! 3,000点以上の販売実績から商品価格の目安がわかります。
品番
PA0191
Portrait of Young Ladies / Oil Painting
品名

Portrait of Young Ladies / Oil Painting

販売価格(税込) 108,000 円
通常価格 105,000 円
   
ポイント 1028 Pt
個数

入荷予約

お問い合わせ

ただいま在庫がございません。
※ HOLD!はご商談中か、入金確認状態です。
※ 商品の入荷案内・ご予約については こちら をご覧下さい。

アンティーク家具・照明の専門店「デニム アンティーク ファニチャー」へようこそ!当店ではチェアやテーブル、キャビネットなどのイギリス(英国)アンティーク家具やランプ、シャンデリアなどのフランスアンティーク照明を低価格と安心品質で全国へお届けしております。

現在のカゴの中

商品数:0点

合 計:0

カゴの中を見る

このページのTOPへ