TOPへ
BOTTOMへ
前のページへ戻る

PA0190  13 スペイン 1970年代 Arc de Triomphe / Oil Painting

Lot17-23_0708
Arc de Triomphe / Oil Painting

サイズ 幅 710mm  奥行 40mm  高さ 610mm  
※ 詳しいサイズは、こちら

アンティーク家具・照明の専門店「デニム アンティーク ファニチャー」へようこそ!当店ではチェアやテーブル、キャビネットなどのイギリス(英国)アンティーク家具やランプ、シャンデリアなどのフランスアンティーク照明を低価格と安心品質で全国へお届けしております。

Outline/商品の概要(仕入担当者からのコメント)

デニムがおすすめする”コンテンポラリーアート”のオイルペインティング(油絵)です。
今から40年ほど前、20世紀後半に描かれた印象派スタイルのタウンスケープです。

フランスの首都、パリ。

パリを訪れた方なら、ほとんどの方が立ち寄っていることでしょう、
シャンゼリゼ通りの西側の始点、シャルル・ド・ゴール広場Place Charles-de-Gaulle。

世界的に有名なエトワール凱旋門Arc de triomphe de l'Étoileは、この広場の中央に立っています。

こちらの作品はタイトルの通り、冬の凱旋門を描いた作品です。

作者はホアン・ソレルJuan de la Cruz Soler(1951-)。
スペイン人の現代作家です。
サインが右下に入っています。

ホアン・ソレルはまだ現役のアーティストと思われます。
バイオグラフィはプライバシーの観点からか、あまり外部情報はありませんが、
その筋では知られたアーティストになりますので、一般的な情報は何の苦労もなく入手できます。

なので・・もうここでデニムが特に多くを語る必要などはないですね。
作品の感想レベルに抑えておきたいと思います。

作品から受ける印象としましては、フランス印象派系の現代作家、といったイメージで、
インプレッショニストの王道を歩んでいるアーティストのように見受けられました。

すでに半世紀以上、芸術の道に携わってきていると思われるので、作品も豊富。
自分自身の作風もしっかりと確立し、商業的にも成功したプロフェッショナルオイルぺインター、
と申しあげても良いのではないかと思います。

作品を見れば誰が見ても、フランス系現代絵画のマスタークラスの作家であることは明らかでしょう。

こちらの作品にしても、習熟された技量を持って描かれた秀作であることは、
デニムが自信をもって断言させていただきます。

もちろん、現役のアーティストともなれば、まだまだこれからも作品が増えていくことが想像されますので、
現時点では、価格的見て、一般的なアンティーク絵画に比べて、それほど高値がついているわけではありません。
比較的安価なものから、アンティーク絵画並みに高価なものまで様々です。

ホアン・ソレルの国籍はスペインですが、活動エリアは主にフランスが中心だった様子。
その他、イタリアやギリシャ、アメリカへも渡航していたようです。

そのせいか、作品の流通もインターナショナルで、
ヨーロッパやアメリカでも作品のオークション実績をチェックすることができます。

作品の相場は、国によってばらつきがあるようで、イギリス以外、アメリカでも価格を見ると
結構人気があるように思われます。

世界的なオークションハウス、クリスティーズやサザビーズでも扱われているアーティストですので、
その人気もさることながら、美術的評価も高いことがうかがわれます。

ただこれほどの技量を持つアーティストですので、
今後、どれほどその相場が変わっていくのか、想像つきません。

インテリアにふさわしい知的で好感の持てる構図、「古典」を感じさせる空気感のある描写、
落ち着いた色使いによる表現力、的確にかつ印象的に描きこまれた被写体・・。

こちらの作品も彼のほかの作品の例にもれず、誰がどう見ても、
美術の道を志しているアーティストが自身の持つ技術のすべてを注ぎ込んだ「血作」に映ります。

こちらの作品はイングランド南東部、イースト・サセックスEast Sussexのアンティーク絵画ディーラーより、
デニムが直接入手いたしました。

ディーラーは、印象派、ポスト印象派の現代作家の作品をメインに扱っている専門ディーラー。
ですから、印象派の作品を見る目は確かです。

出所情報は、直近ではイギリス人コレクターのプライベートコレクションだったとのこと。
いかにも、身分の高い個人宅の書斎や個人事務所などに、飾られていた個人蔵の絵画のように思われます。

オールドフレンチスタイルのウッドフレームも、スレンダーなヒストリカルスタイルが品のある印象で、
アンティークなインテリアにもふさわしい雰囲気と思います。

ゴールドギルトのアクセントを持つフレームデザインは、レトロモダンな印象派の作風とも相性は良く、
作品を引き立てているようにさえも見えます。

インテリアにこだわるアンティーク上級者の方にはぜひおすすめしたい、
素敵な20世紀のファインアートです・・。

(Buyer/YM)

Arc de Triomphe / Oil Painting

Condition/商品の状態(修理担当職人からのコメント)

20世紀後半に描かれた、作家オリジナル(肉筆)の風景画です。

こちらは支持体(画材)がキャンバスに描かれた油彩画になりますが、
支持体のキャンバスは裏からボード張りされたアートボードで、
さらに裏板が当てられてクラフト封印ののち、フレーミングされています。

フレーム自体は100年ものの風合いを感じるオリジナルのアンティークフレームと思われますが、
レストアは比較的新しい、といっても10年以上は経過しているようなコンディションかと思われます。

作品については、とてもシックな色彩の印象派スタイル。
題材はご覧の通りの「冬の凱旋門」になります。

いえ、まだ街路樹に枯葉が残っている季節ですから、10月の雨期のころでしょうか。
雪が降っているようにも見えましたが、雨粒なのかもしれませんね。

作品はヒストリカルな雰囲気にあふれ、作者の独特な色彩感覚が素晴らしいですね。

さて、作者については、クリスティーズやサザビーズでも扱われた実績のある現代の人気作家、
ホアン・ソレルJuan de la Cruz Soler(1951-)。

画面右下にサインが確認出来ます。
ネームは”J .Soler”。

有名なスペイン人作家ですので、作品やバイオグラフィについては事欠きません。
アートオークションなどのサイトをチェックすると、
19世紀末から20世紀初期のタウンシーンを描いた作品が多いように思われます。


Juan De La Cruz Soler 'A vision of elegance, Paris'

上記の作品は過去のアートオークションで取引があった作品になりますが、
ヨーロッパのアンティークアートコレクターの間では知られている、実績のあるアーティストです。

サインの下には製作年と思われる数字があり、”77”(1977年)と読むことができます。
今から半世紀ほど経過している作品、ということになります。

作風はフランス画派的なインプレッショニスト。

美術ファンにとってはその程度でも良いかもしれませんが、専門的には、
”ニューリアリズムnuevo realism”に分類される作風のようです。

こちらの作品は、すでに現代美術が細分化されていった70年代に描かれたものですので、
そんな時流に影響された作品であることには間違いないでしょう。

また、西洋美術に詳しい方でしたら、19世紀のフランス人アーティスト、
”ジャン・ベローJean Béraud ”(1849-1935)に良く似ている、と感じていた方も多いことでしょう。


Jean Béraud ’Boulevard des Capucines’

ジャン・ベローはロシア生まれのフランス人アーティスト。
かのエドゥアール・マネ Édouard Manet(1832-1883)やエドガー・ドガEdgar Degas (1834-1917)を友人に持つ
西洋近代絵画史に名を残した巨匠です。

ベローは古典主義から印象派へ変遷した作家なので、印象派として分類されないこともありますが、
センスというか、美的感覚が、ソレルはベローと良く似ているように思えます。

特に題材がパリの街並み、”ベル・エポック”という点で共通。

独特の筆致や色遣いなどは別にして、やや粗い描写の中にデッサンを重視した主題を盛り込んだ画風などは、
こちらの作品にもその影響が現れているようにも見えます。

そんなビッグネームをほうふつとさせる作品なわけですから、
印象派を専門に扱うアートディーラーがこちらの作品を評価し扱ったのも、当然といえば当然。

もちろん、素敵な額装に大切にリフレームされ、絵画市場で流通していた作品ですから、
もともと評価が高かったことは明らかです。

そんな作品ですので、額装も作品に引けを取らずハイクオリティ、
フレンチスタイルの金彩入りマットブラックのウッドフレームです。

おそらく後年、エイジング(時代調)が施されたと思われる、手の込んだ一級品、
半世紀近くは経過していると思われるヴィンテージクラスのフレームです。

マットブラックベースのフレームに、手仕事でゴールドギルト(金彩)をピンポイントに点描。
いわゆるエイジングの塗装仕上げがされていますが、ある程度年代を経たことで
本物の時代感を感じるようになったのでしょう。

まだまだこれからも、使っているうちに良い風合いが出てくると思います。

さて、入荷時のコンディションですが、40年以上は経過している絵画としては全体に良好な状態でした。

古いオイルペイントに見られがちな微細なひび割れもなく、、
印象派の特徴である、マチエール(作品表面のその作家独特の肌合い)がしっかりと確認出来ます。
発色もまだまだ良好、と言ってよいでしょう。

表面をコーティングしているワニスも目立った変色などは見られず、
アンティーク絵画として、不具合はなし。

全体として経年なりの風合いはありますが、雰囲気としては全く悪くはないものと思います。

フレームに関しては、多少輸送時の小さな欠けい程度は有りましたが、構造的なダメージはなく、
基本的なメンテナンスとタッチアップ程度で美観的にも回復して行けそうでした。

エイジング処理とは別に、多少の経年劣化程度は見られたものの、
ペイントの艶や色合いの状態はまずまず良かったです。
その点でも、過去にレストアをされたことがあったのではないかと思われました。

フレーム表面についてはしっかりとメンテナンスオイルでクリーニング、気になる汚れは除去しておきました。



作品の装填面では、近年のレストアのようでがたつきはなく、背面には新しいクラフト封印がなされていました。

現状も作品の装填状態はしっかりとしています。

作品はクラフト紙で封印されているので状態は断言できませんが、
支持体となるキャンバスのの裏面にボード張りがされていて、
さらに、カード紙のような板紙で背面を押さえ封印しているように思われます。

こちらの作品に関しては、すでに封印ずみということで、再処理の必要は特にありませんでしたので、
クリーンアップをメインに、現状にてお手入れさせていただきました。

金彩のかすれや黒塗装も、エイジングのレベルを超えているような箇所には同色でタッチアップを施しておきました。
金彩には真鍮粉を使用しておりますので、金属ならではの経年変化でなじんでいくものと思います。

ただ、家具のようにあまり広い範囲できれいにやりすぎてしまうと、
作品との馴染みが悪くなってしまい、アンティーク(ヴィンテージ)らしくなくなってしまいますので、
艶出しや補色などは、雰囲気優先で行っています。

それらの作業中は絵画面は優しく養生しておりますので、画面への影響はありません。

最後に、もともと背面についていたフックにナイロンロープを通しておきました。



特に重量のある作品ではありませんが、しっかりと荷重には耐えられる状態で、
お手元に届いてすぐに壁にかけてお役立ていただけます。

描かれている絵画自体につきましては、特に塗料はがれなど美観を損なう点もありませんでしたので
基本的にデニムでは手を加えておりません。

以上、大切な価値ある芸術作品ですので、慎重にメンテナンス致しました。

インテリアのアクセントとしても、お部屋の雰囲気を明るく演出してくれそうです。
担当職人より自信を持ってお勧めいたします。

(Restorer/YM)

Arc de Triomphe / Oil Painting

Impression/当店の評価(お客様担当からのコメント)

作者であるホアン・ソレルJuan de la Cruz Soler(1951-)は、
スペイン20世紀のランドスケープ・ぺインターとして、
アンティーク絵画専門家筋では名の知れたアーティストです。

出生年は1941年以前、という説もありますが、いずれも1951年以降が活動期とされています。
1941年生まれであったとしても、現在も現役で活動している可能性も十分にある、
リアルタイムな現代画家になります。

なので作品数も多く、その一方で伝記情報も入手しやすいです。

何よりも、その残された、少なからぬ彼の作品たちが、彼の人となりについて、
多くを語ってくれているのがありがたいです。

彼の作品は、街並みを描いたランドスケープが中心。
しかし、いずれの作品も、”ベル・エポック”といわれるパリの街並みを主材にしています。

ベル・エポックとは、19世紀末から第一次大戦ごろまで、パリが最も華やいでいた「古き良き時代」の呼称。

その当時は、ちょうど印象派が注目されていた時代とオーバーラップしていましたので、
彼はそのヒストリカルな作風を通して、独自の現代的印象派スタイルを表現していたとされています。

そんなベル・エポックのベースとなったのは、おそらくは、
”ジャン・ベローJean Béraud ”(1849-1935)の作風。

実際には、作風は違いますし、公式にもそのようなことはどこにも主張していないようなので、
ジャン・ベローとは無関係といえば無関係なのですが、イチ・アンティークファンとしては、
絶対にフォロワーでしょう、と思ってしまっています。

そもそもジャン・ベローはベル・エポックを通して「宗教的主題」を描いた、とされています。

ソレルも若き日、オランダやフラマン(フランドル)の画家に強く影響されたとされていますから、
どちらも宗教的な古典美術に共通の価値観があった、と考えるのが自然で、
ソレルがヒストリカルシーン(歴史的な題材)としてジャン・ベローの作品を選んだ、と考えても
何の違和感もないと思います。

また、あくまで個人的な推測ですが・・彼は知識レベルの高い職業画家だったように感じます。
情緒的、というよりも理性的っぽい、という意味です。

彼が求めたのはアカデミックな芸術性、だったのでは?
アーティストとして、テクニックよりも美術スタイルにこだわっているように見え、題材も不問っぽい。

ホアン・ソレル自身には、幼き日より「古き良き時代への憧憬」という価値観があり、それを粛々と
論理的に作品に落とし込んでいった・・彼の作品を見る限りではそんな印象を受けました。

さて、こちらの作品について・・にぎやかなシャルル・ド・ゴール広場のワンシーン。

スペイン人の彼がパリに居住、あるいは長期滞在していた時のスケッチでしょう。
パリ街並みを描いた作品は他にも多く見かけることができます。

ただ、同じパリのベル・エポックを描いた作品の中でも、この作品だけは、
他の作品と大きく違っているように見えます。

それは、こちらの作品の主役が「凱旋門Arc de Triomphe」あること。

例えば、上記「職人コメント欄」のソレルの作品例が典型ですが、
それまではパリの街並みを描きながらも、主役は常に「人」でした。

華やかで楽しそうな人々が、ベル・エポックの街並みにいる。
そうした状況がスタンダードだったのに、この作品だけは、「主」と「従」が完全に逆転しています。

こちらの作品の1977年が製作年とすれば、この時ソレルは36歳。

ソレルのアーティストとしての全盛期が70年代から80年代といわれていますので、
ちょうどこのころは創作活動のピークの時期であり、人生の折り返し地点でもありました。

そして彼はこの時、1970年代に”ニューリアリズムnuevo realism”に魅了され、
以降、スタイルが変わっていったといわれています。

それがどう変わっていったのか、具体的には変遷した作品を見ることはできなかったのですが、
こちらの作品がその、ホアン・ソレルの新しいスタイルだったのでは?
なんて思っていたりしています。

・・幼き日、スペインのカタルーニャ州に生まれたホアン・ソレルは、美術に興味をもち、
首都バルセロナに転居して、連日プラド美術館Museo del Pradoに通い詰めていた、という逸話の持ち主。
今でいう、美術「オタク」だったのでしょう。

そこで、ベラスケス、ゴヤ等のスペイン画派の古典に魅了されつつ、
オランダやフランドルの美術観に傾倒していきました。

彼の根本には、そんな幼き日の価値形成が根付いているものと思います。

ソレルの作品の中には、スペインの街並みや田園風景を描いた絵画も見られますが、
それらは比較的若いころに描いた作品ではないかと思います。

その後、パリのベル・エポックを題材にした作品を、多く世に示すようになります。
これらの作品群が広く世に知られるようになり、一般的に、それが彼のスタンダード、とされています。

そして、それらの作品を創作していた時期、彼は一つのゴールに到達したのではないかと思います。
幼き日より描いてきた理想型に到達した、と。

しかし、芸術家として感性よりも理性的であったがゆえに、
彼はそこで苦悩に陥ることなく、アカデミックに意識を切り替えることができたのでしょう。

そうして制作された作品が、こちらの「凱旋門」だったのではないでしょうか。

アーティストとしての資質を感じさせる繊細な描写、真摯で生真面目ささえ感じる表現力、
暗すぎずシックな色遣いで歴史的な時代感を印象付ける個性的なセンス・・。

まさに、論理的ともいえる「新・写実主義nuevo realism」のスタイル。

アカデミックだった彼は、その時代への「郷愁」という、人が中心のエモーショナルな情景から、
街が中心の「理想的な現実」へ、自ら作品をパラダイムシフトさせていったのではないでしょうか。

だからこそ、目ではなく心でじっと見入ってしまうような印象的な作品でありながら、とても現実的。
過去を偲び、現実を見て、未来を描く。

疲れた心が癒され、新たな一歩が踏み出せる、そんな、共感を感じる描写です。

・・以上、想像力が掻き立てられてしまったので、長文申し訳ございません。
話半分程度にご理解くださいね。

しかしながら、そんなとりとめのないことを考えさせられる、秀逸なタウンスケープです。
後世へ長く、多くの方に感じていただきたい名画だと思います。

サイズ的にも十分存在感はありますので、お客様を迎える、くつろぎのアンティークな空間には最適、と思います。

ちょっとノスタルジックなベル・エポックスタイルの素敵なタウンシーンを、
ぜひエントランスに、書斎に、リビングに・・。

本物を知るアンティークファンの方に、ぜひ。

(Sales/YM)

★EXTRA PHOTO

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

↑2009年時点でのクリスティーズ競売情報。
この時点で1200GBP(1英ポンド=約150円)ほどの見積もりが出ていますが、
古い情報ですので現時点ではもっと上がっていることと思います。

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

Arc de Triomphe / Oil Painting

 

その他のオススメ商品

スーパークオリティマホガニー ヴィクトリアン バルーンバックチェア

スーパークオリティマホガニー ヴィクトリアン バルーンバックチェア

品番:HC0453 価格(税込) 48,600 円

※お合わせしているチェアはこちらです

スペック表

※各項目の文字をクリックするとその項目の説明ページにジャンプします。

商品基本情報
品名 Arc de Triomphe / Oil Painting
品番
PA0190
管理番号Lot17-23_0708
販売価格(税込) 194,400 円 在庫数 0
サイズ 幅 710mm  奥行 40mm  高さ 610mm  
※絵のサイズは、幅570mm×高さ470mmです。
送料ランク・重量 佐川急便170   送料目安:2,376円~2,808円  佐川急便による配送になります。  
商品分類 クラス
デザイン
ユース
ランク
カテゴリ 装飾品/Decor  >  絵画/写真/美術品
商品プロフィール
原産国 スペイン 年代1970年代
メーカー デザイナー
主要素材
主要素材の材質 
主要素材の等級 
商品の無垢率 
カラー 
塗装・仕上げ
その他素材
その他の素材のカラー
メンテナンス状況
コンディション 傷の程度
目立つ傷
交換・改造
実用性
商品プロフィール
原産国 スペイン 年代1970年代
メーカー デザイナー
主要素材
主要素材の材質
主要素材の等級
商品の無垢率
カラー
塗装・仕上げ
その他素材
その他の素材のカラー黒系
メンテナンス状況一部メンテナンス
コンディション 傷の程度少ない
目立つ傷少ない
交換・改造なし
実用性あり
商品評価
デニムの総合評価
商品評価
デニムの総合評価

ご購入・お問い合わせ・入荷予約

装飾品/Decor  >  絵画/写真/美術品

お電話でのご注文は
046-845-4280
FAXでのご注文は
046-845-4290 FAX送信フォームはこちらからどうぞ
アンティーク家具の相場をまずチェック! 3,000点以上の販売実績から商品価格の目安がわかります。
品番
PA0190
Arc de Triomphe / Oil Painting
品名

Arc de Triomphe / Oil Painting

販売価格(税込) 194,400 円
通常価格 189,000 円
   
ポイント 1851 Pt
個数

入荷予約

お問い合わせ

ただいま在庫がございません。
※ HOLD!はご商談中か、入金確認状態です。
※ 商品の入荷案内・ご予約については こちら をご覧下さい。

アンティーク家具・照明の専門店「デニム アンティーク ファニチャー」へようこそ!当店ではチェアやテーブル、キャビネットなどのイギリス(英国)アンティーク家具やランプ、シャンデリアなどのフランスアンティーク照明を低価格と安心品質で全国へお届けしております。

現在のカゴの中

商品数:0点

合 計:0

カゴの中を見る

このページのTOPへ